JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 選手育成 > JFAアカデミー TOP > JFAアカデミー福島 TOP > 最新ニュース一覧 > JFAアカデミー福島女子 活動報告会兼8期生を送る会を開催
トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
JFAアカデミー

ニュース

JFAアカデミー福島女子 活動報告会兼8期生を送る会を開催

トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
JFAアカデミー

2019年01月22日

JFAアカデミー福島女子 活動報告会兼8期生を送る会を開催

JFAアカデミー福島女子では、日々支えてくださっているたくさんの方々に一年間の活動を報告する『活動報告会』を1月18日(金)に開催しました。

市役所や地域サッカー協会関係者の方々、学校の先生方、サポートファミリー富岡会の方々にもご参加いただき、それぞれの活動について発表しました。この会は、3月に卒校する8期生(高校3年生)を激励し、送別する会でもあります。多方面から様々なサポートを受けて支えられていることを改めて知り、直接日頃の感謝を伝えることのできる機会。選手・スタッフ一同、今年度のサポートに感謝するとともに、来年度に向けて決意を新たにしました。

アカデミー生コメント

石田千尋 選手(高2:9期生)
一年間の活動を学年に分かれて発表しました。私はFIFAワールドカップウルグアイ2018について報告しました。フィジカルやスピード、シュートエリアという海外の選手との差を報告し、最後に私たちがプレーしているシーンを流しました。今回のワールドカップではベスト8と優勝にほど遠い結果となってしまいとても悔しかったです。この経験を活かし来年はもっと良い結果を報告できるよう日々のトレーニングから基準を世界に合わせて取り組んでいきたいと思います。

玉川実奈 選手(高1:10期生)
活動報告会で食事をしながらたくさんの人とコミュニケーションをとることができてよかったです。私は今回運営担当だったので発表自体はしませんでしたが、この一年の取り組みを振り返ってオンでは自分から積極的に声を出してプレーすることを意識して取り組むことができました。オフではケアなどを含め、オンで良いプレーをできるようコンディションを整えることができました。課題として一つ一つのプレーを丁寧に大事にしなければいけないと強く感じたので、来シーズンはそこを意識してオンオフ共にしっかり取り組んでいきたいと思います。いつも私たちをサポートしてくれる方に感謝の気持ちを忘れずに2019年も良い成績を残せるように日々精進したいです。

及川小枝 選手(中3:11期生)
この会のために学校の先生やサポートファミリーの方々、市長さんなどたくさんの地域の方々が来てくださいました。会食の場面では来てくださった方々と美味しいご飯を食べながら様々なお話ができたので良かったです。アカデミー生の活動報告では2018年の振り返りや地域交流、海外遠征について発表しました。私は2018年の振り返りで夏の大会に向けた生活の取り組みについて報告しました。この会を通じて応援やサポートをしてくださる方々の大切さを改めて実感することができました。

金成瑠那 選手(中1:13期生)
中学生から学年ごとに今年1年の報告をさせていただきました。私は中1なのでトップバッターでした。とても緊張しましたが、練習した成果が出たのか無事に発表を終えることができました。会食ではLEOCさんによるおいしいご飯とともに、たくさんの方々とお話をすることができてとてもよい経験になりました。最後にサポートファミリー富岡会の方々からケーキをいただきました。今回の会を終えてたくさんの方々に支えられていることを改めて実感することができました。今シーズンは昨シーズン以上の成績を報告できるよう頑張っていきます。

アーカイブ

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

 

  • toto
  • JFAアカデミー福島は、スポーツ振興くじ助成金を受けて実施しています。
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー