JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 選手育成 > JFAエリートプログラム > 最新ニュース一覧 > JFAエリートプログラム女子U-13 韓国との第1戦に9-0で勝利
トヨタ
ニチバン
明治
トレセン関連事業

ニュース

JFAエリートプログラム女子U-13 韓国との第1戦に9-0で勝利

トヨタ
ニチバン
明治
トレセン関連事業

2019年09月09日

JFAエリートプログラム女子U-13 韓国との第1戦に9-0で勝利

U-13日本女子選抜 vs. U-13韓国女子代表
2019年9月8日(日) キックオフ時間 16:00 試合時間 80分(40分×2)
Mokpo International Football Center(韓国)

U-13日本女子選抜 9-0(前半7-0、後半2-0)U-13韓国女子代表

得点
3分 松永未夢(U-13日本女子選抜)
12分 松永未夢(U-13日本女子選抜)
21分 前原嘉乃(U-13日本女子選抜)
23分 前原嘉乃(U-13日本女子選抜)
25分 松永未夢(U-13日本女子選抜)
30分 前原嘉乃(U-13日本女子選抜)
35分 前原嘉乃(U-13日本女子選抜)
50分 前原嘉乃(U-13日本女子選抜)
80分+1分 山田愛実(U-13日本女子選抜)

スターティングメンバー
前半
GK:名和咲香
DF:井田聖来、本谷穂佳、長田莉奈、江口祐加
MF:眞城美春、板村真央、樋口梨花
FW:前原嘉乃、松永未夢、葛西唯衣

後半
GK:唐沢鈴緒
DF:永田優奈、本谷穂佳、長田莉奈、小島世里
MF:木村未来、眞城美春、佐藤ふう
FW:前原嘉乃、松永未夢、山田愛実

交代
58分 松永未夢 → 高須賀美空
58分 本谷穂佳 → 弦間結月
58分 前原嘉乃 → 東堂正枝

レポート

韓国遠征3日目となった8日(日)、午前中は午後に行われるU-13韓国女子代表との試合をイメージしながら「守備」をテーマにトレーニングを行い、その後、日本チームと韓国チームの選手が混ざってチームを作り、韓国スタッフが準備してくれた様々なゲームで交流を深めました。

夕方からは小雨が降る中、U-13韓国女子代表との第1戦を迎えました。試合前は初めて日本を代表して戦う選手たちから緊張した様子が見えましたが、日本は前線からの積極的な守備でボールを奪い、素早い切り替えから開始早々3分で先制点をあげると、その後も安定したポゼッションから相手ゴール前でのチャンスを多く作り、得点を重ねました。

後半は相手が修正を図ってコンパクトかつ人数をかけてボールを奪いに来たため、日本は思うようにパスが繋がらず、自分たちのミスからボールを失ってしまう場面が散見されました。9-0で試合を終え、攻守において選手それぞれのストロングを発揮しながらもチームとして連動すること、プレッシャーが強いなかでのテクニックの質にこだわることを学んだ試合となりました。

選手コメント

弦間結月 選手(松本山雅FCレディースU-15)
守備のトレーニングでは、まず1対1で負けないことを心がけながらトレーニングをし、自分の守備の苦手な部分に気づくことができました。午後のゲームではチームのみんなが絶対に負けないことを意識して臨みました。前半は裏へのパスからの得点や個の力での得点が多くありましたが、後半はなかなか得点することができませんでした。残り20分くらいで攻撃に力を入れることでき、後半初めて得点することができました。個人の反省としてはパスの質が悪く、センターバックからサイドバックへのパスをカットされてしまったので、次の試合はもっと自分のパスの質にこだわってミスを減らし、ビルドアップがスムーズにできるようにしたいです。

長田莉奈 選手(JFAアカデミー福島)
トレーニングでは守備の強度や、自分の中で少しゆるくなっていたDFの寄せる距離などをもう一度高めることができました。その後行われた交流会は、韓国の選手たちがとてもフレンドリーに話しかけてくれました。私たちがわからないことがあるとジェスチャーも使って楽しそうに説明してくれたので、とても感謝しています。午後の試合は普段はなかなかやらない40分ハーフという試合の長さでしたが、とにかく全力で、持っている力をすべて出して自分が試合に出ている時間は声を出し続けることを目標にして試合に臨みました。試合はいい入りができ、自分たちのペースで進めることができました。得点したあとも集中を切らさず、勝つことができました。次の試合も気を抜かず、最後まで戦い続けたいです。

葛西唯衣 選手(リベロ津軽SC U-15)
午前のトレーニングでは、状況に合わせて判断することを特に意識してトレーニングしました。一人の動きによって全員の立ち位置が変わるので、より運動量を増やしていかなければいけないと感じました。またその後の交流では、海外の人たちと楽しく交流することがとても大切だと感じ、いい経験になりました。午後の試合では勝ちにこだわってプレーしました。初めての親善試合で勝ったことは大きな成果だと思いますが、自分としてもチームとしてもたくさんの課題が見つかりました。課題をこの遠征中に少しでも改善できるようにしたいです。また自分の良いところをもっと伸ばすようにトレーニングに励み、充実した遠征にしたいです。悔いの残らないように一つ一つ全力で行動します。「なでしこらしさ」を意識しながら、将来なでしこジャパンになれるように頑張ります。

スケジュール

9月6日(金) TBC トレーニング・トレーニングマッチ
9月7日(土) TBC トレーニング・トレーニングマッチ
9月8日(日) AM 合同トレーニング・トレーニング
9-0 vs. U-13韓国女子代表
(Mokpo International Football Center)
9月9日(月) TBC トレーニング・トレーニングマッチ

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ

JFA Youth & Development
Official Partner

  • アイリスオーヤマ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development
Technical Partner

  • キリンビバレッジ株式会社

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー