JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 選手育成 > JFAエリートプログラム > 最新ニュース一覧 > JFAエリートプログラム女子U-14タイ遠征がスタート、U-16タイ女子代表に勝利
トヨタ
ニチバン
明治
トレセン関連事業

ニュース

JFAエリートプログラム女子U-14タイ遠征がスタート、U-16タイ女子代表に勝利

トヨタ
ニチバン
明治
トレセン関連事業

2019年08月25日

JFAエリートプログラム女子U-14タイ遠征がスタート、U-16タイ女子代表に勝利

トレーニングマッチ vs. U-16タイ女子代表
2019年8月24日(土) 15:00キックオフ(現地時間) 試合時間(30分×3)
@IPE training ground

U-14日本女子選抜 7-1(3-1、0-0、4-0) U-16タイ女子代表

得点
1本目
9分 久保田真生(U-14日本女子選抜)
10分 竹内愛未(U-14日本女子選抜)
11分 丸井優奈(U-14日本女子選抜)
26分 失点(U-16タイ女子代表)

3本目
2分 久保田真生(U-14日本女子選抜)
6分 田中聖愛(U-14日本女子選抜)
18分 辻澤亜唯(U-14日本女子選抜)
30分 久保田真生(U-14日本女子選抜)

メンバー
1本目
GK:宜野座令愛
DF:池上聖七、楠さやみ、岡村來佳、米村歩夏
MF:辻澤亜唯、樋渡百花、谷川萌々子、竹内愛未
FW:久保田真生、丸井優奈

2本目
GK:宜野座令愛
DF:池上聖七、古賀塔子、藤田菜摘、北川愛唯
MF:野原歩乃果、柳原さくら、青井麻衣、田中聖愛
FW:中村優月、竹内愛未

3本目
GK:鹿島彩莉
DF:青井麻衣、谷川萌々子、岡村來佳、古賀塔子
MF:柴田瞳、田中聖愛、北川愛唯、米村歩夏
FW:久保田真生、辻澤亜唯

レポート

JFAエリートプログラム女子U-14は8月23日(金)、今年度第1回目となる活動として、タイ遠征がスタートしました。全国から選出された21名は羽田空港に集合し、約6時間のフライトを経てバンコクへ到着、その後バスでキャンプ地であるチョンブリへ入りました。

遠征二日目となる24日(土)は早速、午前にトレーニング、午後にはU-16タイ女子代表との試合が行われました。年代の違う相手国の代表チームとの対戦ではありましたが、全員攻撃・全員守備の中で、チームとしてボールを大事にしながら試合を進め、開始9分に久保田真生選手が先制点を奪うと、その後も続けてゴールを奪います。終盤、連携からのミスで1点を許したものの、選手たちはすぐに切り替え、1本目を終えます。
2本目も積極的に相手ゴールに近づき、多くのチャンスを作った日本でしたが、クロス、シュートの質の部分であと一歩足りず、スコアレスで終えます。3本目は、ここまでの課題をうまく活かし、また,谷川萌々子選手を中心にうまく声をかけ合いながらチームがまとまります。自分たちのペースで試合を進める日本は4ゴールを奪い、トータル7-1で勝利を収めることができました。

明日25日(日)はトレーニング、遠征四日目の26日(月)はチョンブリーFC U-16(女子)との試合を行います。

コーチ・選手コメント

那須麻衣子 ナショナルコーチングスタッフ/ナショナルトレセンコーチ/伊賀FCくノ一
エリート女子U-14のタイ遠征が始まりました。羽田空港に集合した選手たちの表情は少し緊張気味ではありましたが、タイに到着した時にはすっかり緊張もほぐれ、タイ遠征に対する意気込みが一段と感じ取れました。今回のキャンプでは、日常のトレーニングから「世界基準を意識する」という監督からのメッセージがありました。それに応えようと取り組んだ初日のトレーニングでは、選手1人1人が高い志を持ちながら非常に良い雰囲気で取り組んでくれたように感じます。午後には、U-16タイ女子代表との試合を行い、監督から伝えられた「強い気持ちをもって戦う」・「観て、聞いて、感じる」などみんなで共有したことを、しっかり表現してくれていました。ゴールへの意識も非常に高く、選手個々の積極的なプレーが結果・内容に繋がったと思います。残りの活動も、将来なでしこを目指している選手たちの集団としてふさわしい活動となるように、オンザピッチ・オフザピッチともにしっかり取り組んでいってほしいと思います。

久保田真生 選手(スフィーダ世田谷FCユース)
私は初めて遠征でタイに来て、食事や生活習慣、グラウンドなど、日本との環境の違いをとても感じました。午前のトレーニングでは、パスの質などコントロールを一番意識していましたが、意識しながらもミスが何度もあり、監督からは「ミスしたあとのプレーが大事」だと言われ、そのあとからはミスしたあとのプレーを意識しました。試合では、ボールを取られたあとの切り替えを意識し、得点に繋げることができたので良かったです。今後、チームの活動に戻った時も同じプレーができるように継続していき、チームのみんなにこのタイ遠征でのことを伝えていきたいと思います。

竹内愛未 選手(浦和レッズレディースジュニアユース)
私は今夏2回目の海外遠征ですが、海外での環境変化もポジティブに考えて、工夫していくことが大事だと感じています。監督からも「食事や睡眠は全て自分で考えて管理することが必要」という言葉があり、私は睡眠時間を早くしたり、食事もバランスよく摂ったりと、考えて取り組むように心がけるようになりました。また、今日の試合では相手の変化にうまく対応すること、自分たちで自ら盛り上げていくことを意識しました。その結果、ゴールを奪うことができ、チームも勝利することができました。ただ、自分たちの課題も多く見つかったので、明日のトレーニンで改善していきたいと思います。このタイ遠征、残りの時間も、ここでサッカーができる貴重な機会を作ってくれた方々に感謝しながら、自分らしくひたむきに頑張りたいと思います。

スケジュール

8月24日(土) 7-1 トレーニングマッチ 対 U-16タイ女子代表 @IPE Training Ground
8月25日(日) TBC トレーニング
8月26日(月) 15:00 トレーニングマッチ 対 チョンブリFC(女子) @IPE Training Ground

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ

JFA Youth & Development
Official Partner

  • アイリスオーヤマ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development
Technical Partner

  • キリンビバレッジ株式会社

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー