JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > SAMURAI BLUE > キリンチャレンジカップ2018 [9/11] > 最新ニュース一覧 > SAMURAI BLUE、森保監督体制で白星スタート ~キリンチャレンジカップ2018【9/11@大阪 vsコスタリカ代表】~

ニュース

SAMURAI BLUE、森保監督体制で白星スタート ~キリンチャレンジカップ2018【9/11@大阪 vsコスタリカ代表】~

2018年09月12日

SAMURAI BLUE、森保監督体制で白星スタート ~キリンチャレンジカップ2018【9/11@大阪 vsコスタリカ代表】~

SAMURAI BLUE(日本代表)は9月11日(火)、大阪・パナソニックスタジアム吹田でのキリンチャレンジカップ2018コスタリカ代表戦を行い、約3年ぶりの代表復帰となったMF南野拓実選手(ザルツブルク)や途中出場のMF伊東純也選手(柏レイソル)らのゴールで3-0の勝利を収め、森保一監督の下での新体制初戦を白星で飾りました。

日本がベスト16入りした今夏のFIFAワールドカップロシアから4年後のカタール大会へ向けて、北海道胆振東部地震の影響で7日(金)のチリ代表戦の中止を受けて、この試合が新生SAMURAIBLUEとしての第1歩となりました。

今夏のワールドカップのメンバーはGK東口順昭選手(ガンバ大阪)、DF槙野智章選手(浦和レッズ)、MF遠藤航選手(シントトロイデンVV)の3人のみ。先発したMF堂安律選手(FCフローニンゲン)とDF佐々木翔選手(サンフレッチェ広島)に、途中交代で出場したMF天野純選手(横浜F・マリノス)とMF守田英正選手(川崎フロンターレ)が代表初キャップを獲得するというフレッシュな顔ぶれです。

4-4-2の布陣でMF中島翔哉選手(ポルティモネンセSC)や堂安律選手、南野選手らが躍動して、日本代表の新たな可能性を示す試合を見せました。

試合前には今夏、日本各地を襲った自然災害で命を落とされた方々へ1分間の黙とうを捧げました。試合が始まると、日本は立ち上がりから積極的に攻撃的なサッカーを展開して、開始から16分で先制します。中島選手の右CKに佐々木選手がニアサイドで頭で合わせてゴールを狙うと、シュートはゴール前の相手DFに当たってコースが変わり、ゴールに吸い込まれました。

その後も、21分には中島選手が左サイドからゴールを狙い、その3分後には右サイドの堂安選手の仕掛けから再び中島選手がシュート。39分にはFW小林悠選手(川崎フロンターレ)の落としたボールに南野選手が反応して、相手ゴールを脅かします。

一方のコスタリカは、4バックで臨んだ7日(金)の韓国戦(0-2)から5バックに変更し、先発も6人入れ替えて、今夏のワールドカップメンバー5人を擁する布陣。MFランダル・レアル選手を中心に右サイドで仕掛け、前線のFWダビド・ラミレス選手やFWマイロン・ジョージ選手に合わせようと試みます。

12分にレアル選手にペナルティエリア内に入られて、29分にはDFブライアン・オビエド選手にミドルレンジからゴールを狙われる場面を作られますが、GK東口選手のセーブもあり、日本はゴールを割らせません。

1点リードで後半に入ると、日本は選手のコンビネーションがさらに冴えて、相手ゴールを脅かす場面が増えます。

51分には中島選手が自ら狙い、57分には中島選手のクロスに南野選手が頭で合わせます。60分には左サイドで相手DFを交わした中島選手から小林選手へ繋ぎ、相手DFの裏に走り込んだ堂安選手が浮き球のシュートを狙いますが、これは相手DFにゴールラインでシュートを掻き出されました。

66分には、ペナルティエリア左のスペースへ飛び出した遠藤選手からゴール前でマイナス気味のパスを受けた南野選手が左足を振り抜き、追加点をマーク。南野選手は、2015年11月以来3戦目で代表初ゴールとなりました。

その後も森保監督はベンチからFW浅野拓磨選手(ハノーファー96)、天野選手、DF車屋紳太郎選手(川崎フロンターレ)、守田選手、伊東選手、MF三竿健斗選手(鹿島アントラーズ)を次々と投入し、攻め手を緩めません。

後半アディショナルタイムには、伊東選手が右サイドからペナルティエリアに切り込んで、相手を交わして右足を振り抜き、代表初ゴール。新生日本代表は3-0の快勝での船出となりました。

監督・選手コメント

SAMURAI BLUE(日本代表)森保一 監督
日本全国で自然災害によって辛い思いをしている方々に、我々が走って粘り強く戦う姿勢を見せて、勝利を届けることができてよかったです。チームも札幌で被災しましたが、みんなが最善のことをして、多くの方々のサポートに感謝の気持ちを持って試合に臨みました。選手それぞれがコミュニケーションをとって、自分たちの特長を発揮して積極的にプレーし、チームとしてやろうとしていたことを出してくれました。周りを活かすことが自分の良さを発揮することになると話していましたが、それを選手たちが実戦してくれました。チーム全体でアグレッシブに戦って、守備から攻撃につなげて、相手の攻撃を無失点で抑えてくれました。ただ、もっと点を獲れるだけのチャンスは作っていたので、さらに決定力を上げて、もっとチームとしてチャンスを共有していくことと、ピンチをより減らして相手にチャンスを与えないことは、さらにやっていかなければなりません。すべてを上げていかないといけないと思っています。勝利をするためにチームの力をどうすれば最大限に出せるか、常々考えながらやってきたつもりですし、これからもやっていきたいと思います。

DF #20 槙野智章 選手(浦和レッズ)
出来過ぎというぐらい、ゴールシーンも含めて練習でやっていることが随所に出たと思いますし、それぞれが持っているものを存分に出せたのではないかと思います。今回の結果と内容はロシア大会のメンバーにかなり大きなプレッシャーを与えたかと思います。結果以上に内容は素晴らしいものがありますし、若手や国内組はかなり自信を掴んだと思うので、ここからだと思います。

MF10 中島翔哉 選手(ポルティモネンセ)
チームメイトもすごく助けてくれて、楽しい試合でした。積極的に狙って行こうと思っていましたし、それを求められて試合にも出ていると思うので、できるだけチャンスやシュートを打ちに行こうと思っていました。このチームはまだまだ始まったばかりで、他にもいいメンバーがたくさんいるので、お互いにまた成長して次も会えるように、自分も頑張っていきたいと思います。

MF17 青山敏弘 選手(サンフレッチェ広島)
前の選手がボールを運んでくれて、後ろの選手が押し上げながら守備への準備もしっかりオーガナイズされていたと思います。いい攻撃だなと思っていました。いいキャラクターの選手が揃っていたので、震災のこともあって、チームは自然と一つになるべくしてなれたかと思います。自分がキャプテンと言えるところまで、まだ何もできていませんが、これから作っていきたいと思っています。

MF21 堂安律 選手(FCフローニンゲン)
すごく緊張して、いい経験だなと思いながらピッチに入りました。随所にアピールはできたと思いますが、ゴールという結果が出なかったのは反省ですし、少し悔しいです。後半になって試合のテンポにも慣れて、相手もスペースを空けてきたので、あとは決めるだけだったのですが…。成長した姿を見せられて良かったですし、すごく楽しめた85分でした。

ロナルド・ゴンザレス コスタリカ代表監督
非常に難しい試合になりました。チリ代表戦のなかった日本は我々よりフレッシュで、ダイナミックでスピードのあるプレーを展開して、我々は後半同点にするために少しシステムを変えたところで2失点目を与えてしまいました。日本は勝利にふさわしいプレーをしたと思いますし、新しいステージを良い形で始めたと思います。

スケジュール

SAMURAI BLUE(日本代表)のスケジュールはこちら

2018年9月11日(火) 19:20キックオフ(予定)
大阪/パナソニックスタジアム吹田
SAMURAI BLUE(日本代表)vs コスタリカ代表
大会情報はこちら

10月のSAMURAI BLUE(日本代表)戦

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー