JFA.jp

JFA.jp

EN

U-15日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > U-15 2019年 > 最新ニュース一覧 > U-15日本代表候補 青森山田高校とのトレーニングマッチで活動を終了

ニュース

U-15日本代表候補 青森山田高校とのトレーニングマッチで活動を終了

2019年07月04日

U-15日本代表候補 青森山田高校とのトレーニングマッチで活動を終了

トレーニングマッチ vs. 青森山田高校 U-16
2019年7月3日(水) キックオフ時間 9:45 試合時間 40分×3本
Jヴィレッジ(福島県双葉郡)

U-15日本代表 1-2(1本目1-1、2本目0-1、3本目0-0)青森山田高校U-16

得点
10分 楢原慶輝(U-15日本代表)
37分 失点(青森山田高校U-16)
59分 失点(青森山田高校U-16)

1本目スターティングメンバー
GK:松原快晟
DF:池田春汰、竹内諒太郎、杉田隼、桐山龍人
MF:大迫塁、楢原慶輝、福井太智、南野遥海
FW:鈴木大翔、森本空斗

2本目スターティングメンバー
GK:田村聡佑
DF:池田春汰、竹内諒太郎、藤田颯斗、西凜誓
MF:根本鼓太郎、福井太智、佐藤海空斗、浦十藏
FW:森本空斗、南野遥海

3本目スターティングメンバー
GK:宮本流維
DF:溝口修平、小澤晴樹、中野大、浦十藏
MF:岩崎壮真、後藤啓介、下田栄祐、池田怜央
FW:菊池将太郎、岡本岳

交代
63分 池田春汰 → 溝口修平
63分 福井太智 → 大迫塁
63分 浦十藏 → 岡本岳
63分 森本空斗 → 鈴木大翔
63分 南野遥海 → 菊池将太郎
63分 竹内諒太郎 → 杉田隼

※交代自由

マッチレポート

U-15日本代表は、6月30日(日)からJヴィレッジで国内トレーニングキャンプ実施し、7月3日(水)に青森山田高校の1年生を中心としたチームとのトレーニングマッチを行い活動を締めくくりました。
1学年上の相手とはいえ絶対に負けたくないという気持ちと、サッカーを楽しむという気持ちで40分×3本の試合に臨んだU-15日本代表の選手たち。開始から相手の激しいプレッシングと気迫に押される展開となります。それでも少しずつチャンスを作ると、10分に先制します。左サイドの高い位置でボールを拾ったMF楢原慶輝がゴールライン際から放ったクロス性のシュートは、センタリングを予想していたGKの脇を抜け1-0とします。しかし、その後も我慢する時間が続きボールをリズム良く繋げません。そして37分にバックミスから相手にコーナーキックを与えてしまいます。そこからシュートを打たれると一旦は防ぐものの守りが甘く再度シュートを打たれて失点。1本目はそのまま1-1で終了します。

2本目に入ってからもミスが続き相手に脅威を与えることができません。59分に中央で相手FWにボールを取られると、体格で勝る相手に厳しくプレッシャーをかけられずゴールを決められ1-2となります。勝ち越しに成功した青森山田高は段々とテンポが良くなり、U-15日本代表はその後もチャンスを作れず2本目を終了します。
3本合計で絶対に負けたくないチームに森山佳郎監督から檄が飛びます。それに応えるかのようにU-15日本代表はアグレッシブに攻撃を仕掛けます。96分には連続でシュートを放つもののキーパーの正面に飛び得点を奪えません。残り時間が少なくなってきたところで積極的に攻めますが、最後の最後までゴールを奪えず1-2で敗戦しました。

U-15日本代表はこのトレーニングマッチをもってJヴィレッジでの活動を終了。悔しい結果となりましたが、ここで得た課題を所属チームで克服して次の活動では一段と成長することを約束して解散しました。

森山佳郎 監督コメント

9月にAFC U-16選手権2020予選を控えたU-15日本代表は、海外遠征を予定していましたが、希望する大会が見つからず、トレーニングを中心としたJヴィレッジでの国内ショートキャンプに変更しました。
大人数を呼べることは国内でキャンプをするメリットであり、今回は初招集14名を含めた28名が参加しました。キャンプでは、4日間を通して青森山田高校とのトレーニングマッチ、4回のトレーニング、8回のミーティングを実施しました。
トレーニングマッチでは1学年上の青森山田高校の走力と球際の強さに苦しみ、オンのミス、オンとオフの関係でのミスが増え、意図する攻撃をなかなかさせてもらえませんでした。遠方からのバス移動にも関わらず、U-15日本代表にさまざまな課題を提供してくれた青森山田高校の選手、スタッフの皆様ありがとうございました。
これから9月のAFC U-16選手権2020予選に向けて、国内キャンプ1回を残すのみとなりました。最後のキャンプでは、これまで4回の活動で招集した72名の選手の中から絞り込んで選考し、大会への準備を進めていきます。
選手の所属チームの指導者の皆様、学校の先生方、そして保護者の皆様、この度は代表活動にご理解頂き、大切な選手を派遣して頂いたことに心から感謝申し上げます。

スケジュール

6月30日(日) PM トレーニング 
7月1日(月) AM/PM トレーニング 
7月2日(火) AM/PM トレーニング 
7月3日(水) 1-2 トレーニングマッチ vs. 青森山田高校 U-16

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

U-15日本代表 今後の予定

7月27日(土)~7月31日(水) 国内トレーニングキャンプ
9月9日(月)~9月23日(月) AFCU-16選手権2020予選
※国内直前合宿含む
10月28日(月)~11月5日(火) 海外遠征
12月8日(日)~12月11日(水) 国内トレーニングキャンプ
アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー