JFA.jp

JFA.jp

EN

U-15日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > U-15 2019年 > 第16回デッレナツィオーニトーナメント TOP > 最新ニュース一覧 > U-15日本代表、オーストリアを破り決勝へ進出! ~第16回デッレナツィオーニトーナメント~

ニュース

U-15日本代表、オーストリアを破り決勝へ進出! ~第16回デッレナツィオーニトーナメント~

2019年05月03日

U-15日本代表、オーストリアを破り決勝へ進出! ~第16回デッレナツィオーニトーナメント~

第16回デッレナツィオーニトーナメント vs. U-15オーストリア代表
2019年5月2日(木) キックオフ時間18:00(現地時間) 試合時間70分(35分ハーフ)
Lignano(イタリア)

U-15日本代表 1-0(前半0-0、後半1-0)U-15オーストリア代表

得点
53分 山崎太新(U-15日本代表)

スターティングメンバー
GK:宮本流維
DF:植田悠太、池谷銀姿郎、鈴木吏玖、伊藤大和
MF:山崎太新、大迫塁、坂井駿也、北野颯太
FW:鈴木大翔、逢坂スィナ

サブメンバー
GK:佐賀鉄生
DF:桐山龍人、藤田崇弘、高井幸大
MF:楢原慶輝、浅岡飛夢、佐藤海空斗
FW:内藤大和、斉藤柚樹

交代
52分 伊藤大和 → 桐山龍人
52分 逢坂スィナ → 内藤大和
60分 鈴木大翔 → 斉藤柚樹
60分 山崎太新 → 楢原慶輝
70分 北野颯太 → 佐藤海空斗

マッチレポート

第16回デッレナツィオーニトーナメントに出場しているU-15日本代表は5月2日(木)にU-15オーストリア代表との準決勝に臨みました。

グループリーグを3連勝で突破した日本は前日には近くのグラウンドでリカバリーを行い、汗を流しました。非常にリラックスした雰囲気で選手も明るく声を出し合っていましたが、試合当日になり試合前のミーティングでは、雰囲気も一変し真剣な面持ちで集中を高めていきます。森山監督からも「目標は優勝、全員で闘う。走力や機動力でオーストリアに絶対に負けない」と声を掛けられました。

試合は同じく大会に参加しているU-16女子日本代表が応援に来てくれる中、急遽20分遅れでの開始となりました。適応力が問われるスタートでしたが日本は集中して入ります。ファーストシュートも放ち、そのまま日本ペースで進めたいところでしたが、風下の陣地に苦しみます。オーストリアにロングキックを前線へと蹴り込まれてピンチを招きます。前半5分には1対1からシュートを放たれますが、ここはGK宮本流維選手の好セーブで失点を免れます。その後も思うようなプレーが出来ず、再三相手にチャンスを作られますが、全員で体を張って守り0-0で前半を終えます。

後半に入り風上のピッチになると日本は積極的にボールを前に運びます。41分にはFW逢坂スィナ選手が左サイドからシュートを放ちますが、これはゴールキーパーにブロックされます。その後も攻勢を強めると53分に先制に成功します。左サイドでフリーキックを獲得すると、MF山崎太新選手が蹴ったボールが直接ゴールに吸い込まれ1-0とします。そこからは後がなくなったオーストリアが攻め込んできますが、日本は前半同様に最後の部分で全員が体を張りゴールを許しません。そして試合はそのまま1-0で終了して日本が勝利を収めました。
U-15日本代表はこの勝利で決勝に進出。現地時間の4日(土)にU-15メキシコ代表と決勝戦に臨みます。

選手コメント

DF #5 植田悠太 選手(京都サンガF.C.U-15)
今日は突然試合開始の時間が遅れましたが、そういったことも珍しくないので、そういう事でサッカーのプレーが悪くならないような対応力が必要だと感じました。また、相手が自分たちより大きいことを知った上でどう闘うのかが重要だと思いました。一つ一つの試合に勝つことが出来ているのは、自分たちの力だけでなく、裏で色々なサポートをしてくれる方のおかげでもあるので、とても感謝しています。色々なサポートをしてもらっている分、自分たちは結果を残すことが必要だと思うので、明日良い準備をして明後日の決勝戦で絶対に勝てるようにしたいです。

MF #13 山崎太新 選手(横浜FCユース)
今日は決勝トーナメントの準決勝オーストリア戦でした。グループリーグでは3試合ともピッチコンディションが悪い中での試合でしたが、チーム全員で良い雰囲気で試合に臨む事ができ、3連勝をすることが出来ました。個人としては、海外の大きい相手でも自分の武器であるドリブルでの仕掛けは通用していて、そこはとても自信になりました。そして、オーストリアとの試合では序盤から相手にチャンスを多く作られましたが、チーム全員で闘って、自分のゴールで勝つことが出来て良かったです。しかし、内容はまだまだだったので、決勝では内容でも結果でも相手を寄せつけず絶対に優勝します。そして、自分も目に見える結果を絶対に出したいと思います。

FW #11 逢坂スィナ 選手(柏レイソルU-15)
今日はデッレナツィオーニトーナメントの準決勝、オーストリアとの試合でした。これまでのトルコ戦、ロシア戦、UAE戦は試合に臨む雰囲気がとても良かったです。試合中もベンチメンバーやプレーしている人もとても声を出して一つになっていました。しかし、自分たちの良くないブレーも沢山ありました。その中で臨んだオーストリア戦は試合前から全員で気分を高めてキャプテンを中心にまとまっていたと思います。試合が始まってすぐに危ないシーンもありまがしたが、こちらにもチャンスがあり、お互い譲らない試合展開でした。そういった試合でなんとか点を奪えて勝てたので良かったです。自分はまだ出場時間に比べて点が少ないので、もっと頑張りたいと思います。

スケジュール

第16回デッレナツィオーニトーナメント
4月27日(土) AM トレーニング
4月28日(日) 5-3 グループリーグ第1戦 vs.U-15トルコ代表
(イタリア/Latisana)
4月29日(月) 2-0 グループリーグ第2戦 vs.U-15ロシア代表
(イタリア/Cesarolo)
4月30日(火) 4-0 グループリーグ第3戦 vs.U-15UAE代表
(イタリア/Cesarolo)
5月1日(水) TBC トレーニング
5月2日(木) 1-0 準決勝 vs.U-15オーストリア代表
(イタリア/Lignano)
5月3日(金) TBC トレーニング
5月4日(土) TBC 決勝 vs.U-15メキシコ代表
(イタリアorスロベニア)
5月5日(日) TBC 未定

※時間は全て現地時間です。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

第16回デッレナツィオーニトーナメント

大会期間:2019年4月27日(土)~2019年5月4日(土)

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー