JFA.jp

JFA.jp

EN

NADESHIKO JAPAN

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > なでしこジャパン > 最新ニュース一覧 > 実戦を意識したトレーニングと紅白戦でコンセプトの再確認~なでしこジャパン(日本女子代表)候補トレーニングキャンプ(1/31~2/4@静岡)

ニュース

実戦を意識したトレーニングと紅白戦でコンセプトの再確認~なでしこジャパン(日本女子代表)候補トレーニングキャンプ(1/31~2/4@静岡)

2019年02月03日

実戦を意識したトレーニングと紅白戦でコンセプトの再確認~なでしこジャパン(日本女子代表)候補トレーニングキャンプ(1/31~2/4@静岡)

なでしこジャパンは2月2日(土)にトレーニングキャンプ3日目を迎え、午前と午後の2回トレーニングを実施しました。

午前はピッチ全体を使ったフォーメーショントレーニングを行い、最終ラインから前線への組み立てを確認しました。1人、2人とプレーが続く間に3人目が動き出し、少ないタッチ数でボールを展開していきます。フィニッシュはサイドからのクロスにゴール前で2人が合わせる形でシュートトレーニングとなります。相手守備はいませんが、その状況だからこそすべてのプレーに精度と技術が求められます。パスの出し手と受け手のタイミング、ボールを受ける時の体の向き、コントロールしたボールの置きどころ、クロスの速さと高さ、ゴール前に飛び込むタイミング、シュートの精度など、実際の試合を見据えたクオリティにこだわってトレーニングに取り組みます。

午後は今キャンプ初の紅白戦を行いました。ピッチをひと回り小さく仕切り、20分のゲームを2本という短い時間で実施。序盤は硬さが見られ、パスミスも散見されましたが、徐々に落ち着きを取り戻すと攻守に連携や局面での激しい奪い合いも見られ、ペースが上がっていきます。同じ選手でも前後半でポジションが変わるなど、複数のポジションでプレーすることを求める高倉麻子監督らしい采配となりました。

夜のミーティングでは、広瀬統一フィジカルコーチから、ワールドカップに向けてこれまで取り組んできたフィジカルトレーニングについて、正確に行うこと、強度を高めることといったことだけでなく、より質の高いトレーニングを取り入れて洗練させていこうという話がありました。さらには怪我の予防や十分な休息とバランスの良い食事など、基礎的な部分ではあるものの、最も大事な体のメンテナンスについても話し、これから誰一人欠けることなく候補となる選手全員でワールドカップに向かうという意識を共有する時間となりました。

選手コメント

DF 大賀理紗子 選手(ノジマステラ神奈川相模原)
なでしこジャパンは、サッカーをやっている身としては常に目標でしたが、手が届かないのが現実でした。昨年12月のなでしこチャレンジでチャンスが巡ってきましたが、評価してもらえたことはとても光栄です。なでしこジャパンのキャンプは今回が初めてですが、招集されたということは、なでしこチャレンジで何か評価してもらえたからこそ今があると思っているので、この活動も前向きに取り組んでいます。自分の長所であるロングフィードや、1対1の対人も負けないつもりでやっているので、そこが評価されて、なでしこジャパンでも通用するところかなと思います。6月に迫ったワールドカップを目指す上では、フィジカルの強化や判断力を上げることが必須だと、このなでしこジャパンのキャンプに参加して新たに感じることができました。

MF 松原有沙 選手(ノジマステラ神奈川相模原)
昨年12月に参加したなでしこチャレンジと今回のなでしこジャパンでは、守備の寄せの速さや判断スピードが驚くほど違います。今日紅白戦も行い自分は中盤でプレーしましたが、各選手それぞれ動き出しの質が高くて、タイミングが良く、相手が嫌がるところを狙っているなという印象でした。守備面ではとても連動していて、パスコースの切り方などみんな上手いなと思いました。自分はボランチでプレーしていて、今日はあまり出せませんでしたがロングキックが得意です。なでしこチャレンジに呼ばれる前までは、なでしこジャパンは行けたらいいな、くらいの感覚でしたが、今は手が届く位置にいることを実感しています。遠い目標だったのが、近い目標に変わりました。後は自分次第だと思っています。

FW 池尻茉由 選手(吉備国際大学Charme岡山高梁)
今回なでしこジャパンに選ばれましたが、12月のなでしこチャレンジではあまり手応えもなかったので驚きました。左利きという部分は重宝されている点かなと思います。なでしこはプレースピードが早く、こんなにレベルが高いところでプレーするのは初めてなので、自分がまだまだだと思い知らされました。スピードと、ディフェンスの背後への飛び出しには自信があるので、タイミングをうまく取って、相手をはがせたらシュートまで持っていけると思います。なでしこジャパンに来なかったら、ワールドカップもオリンピックも目指そうとも思いませんでした。今回の活動に参加できたことは、自分にとって大きなチャンスだと思っています。

スケジュール

1月31日(木) 15:30 トレーニング(J-STEP)【一般公開】
2月1日(金) 09:15 トレーニング(J-STEP)【一般公開】
15:30 トレーニング(J-STEP)【一般公開】
2月2日(土) 09:15 トレーニング(J-STEP)【一般公開】
15:30 トレーニング(J-STEP)【一般公開】
2月3日(日) 09:45 トレーニング(J-STEP)【一般公開】
15:30 トレーニング(J-STEP)【一般公開】
2月4日(月) 09:15 トレーニング(J-STEP)【一般公開】

※スケジュールや会場は急遽変更になる場合がございます。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー