JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2019 TOP > 最新ニュース一覧 > 京都が愛媛との僅差のゲームを制して優勝争いに食らいつく ~高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ第14節~
トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技会開催事業

ニュース

京都が愛媛との僅差のゲームを制して優勝争いに食らいつく ~高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ第14節~

トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技会開催事業

2019年09月24日

京都が愛媛との僅差のゲームを制して優勝争いに食らいつく ~高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ第14節~

高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2019 WESTは9月21日(土)と22日(日)に第14節を行い、京都サンガF.C. 東城陽グラウンドでは京都サンガF.C. U-18(京都)と愛媛FC U-18(愛媛)が対戦しました。

ピックアップマッチ

京都サンガF.C. U-18 1-0(前半0-0、後半1-0)愛媛FC U-18

ホームの京都は、名古屋グランパスU-18(愛知)との上位対決に挑んだ前節は立ち上がりの連続失点が響き、1-6で大敗。消化不良のまま終わった反省を踏まえ、「今節は自分たちの持っている力を出してほしい」と手島和希監督は選手を送り出しますが、MF川崎颯太選手(#7)が「一週間良い準備をしてきたつもりだったけど、身体も頭も試合に入れていなかった」と振り返る通り、序盤は低調なまま試合が進みました。DFラインから繰り出すロングボールと素早い攻守の切り替えから繰り出すショートカウンターで相手エリアまでボールを運びましたが、バイタルエリアでの精度を欠き、決定機の回数はわずか。43分に右CKからの流れから放った決定機的なシュートもゴールポストに阻まれました。

後半は、青野大介監督が「前半はサイドを起点に攻めながら、もう一工夫足りなかったのでパスを出して動いたり、中央を使ったりというのを意識させた」と振り返る愛媛のペースで試合が進みます。55分にFW柳下将野選手(#14)のドリブルから左に展開し、見せ場をつくるなど中央突破の回数を増やすと、23分には右サイドを破ったMF岡田蒼生選手(#13)がシュートを放ちましたが、京都DFに当たりCKに。31分には左を抜け出したDF三原秀真選手(#5)がゴール前にパスを展開。相手GKが弾いたボールを柳下選手が詰めましたが、相手守備陣にブロックされました。

「自分たちの隙を突かれた前節よりも声とかカバーの意識が高まっていた」(川崎選手)京都は、我慢の時間を粘り強い守りでしのぐと、84分には右CKを獲得します。ファーに流れたCKの折り返しを途中出場のDF木村歩夢選手(#6)がダイレクトでシュート。ゴールに真っすぐ向かった一撃が相手のハンドを誘発し、PKになるとMF山田楓喜選手(#10)が冷静に決め、これが決勝点となります。苦しみながらもしぶとくゴールネットを揺らした京都が今季9勝目を手にしました。

監督・選手コメント

手島和希 監督(京都サンガF.C. U-18)
今日はお互い我慢比べといった試合展開で、どちらが先制点を手にしてもおかしくなかった。前半はなかなかシュートまで良い形で行けなかった。シュートやラストパスのズレが目立ち、ベンチで見ていても前節、名古屋グランパスU-18に大敗した動揺があるのかなと見ていました。後半はカウンターを受ける機会が増え、失点するのはよくあるケースですが、選手がよく抑えてくれました。残りの4試合も目の前の試合を懸命に頑張ります。

MF #10 山田楓喜 選手(京都サンガF.C. U-18)
相手は5バックでしっかり守ってくるのは分かっていたので、いかに打開するかが鍵になると思っていました。パスをつなぐだけでは相手が前に出てこないので積極的にシュートを打ち、相手を引き出してから自分の得意なスルーパスで崩そうと考えていました。PKは(木村)歩夢が獲得したのですが、第3クールに入ってからゴールがなかったので、どうしても自分で決めたかった。気持ちで押し込んだので、決まって良かったです。ただ、前半を無得点で終えたのは課題です。ラストの精度は上げないとこの先は勝てないので、もっと練習していなければいけません。

青野大介 監督(愛媛FC U-18)
今日は相手のシステムとの噛み合わせが良くないので、ファーストディフェンスが上手く行かずボールを持たれる展開になると予想していました。ゴール前まで運ばれる場面もありましたが、課題として取り組んでいる粘り強い守備を最後まで頑張ってくれました。後半はチャンスをつくれましたが、最後ゴールネットを揺らせる質が足りなかった。最後のPKも不運ではなく、しっかりチャンスに反応して枠に蹴ってきたからで、質の差が出た試合だと思います。

DF #5 三原秀真 選手(愛媛FC U-18)
攻撃ではチャンスをつくれましたが、最後の精度やクロスの質は開幕からの課題で、もっと突き詰めて行かなければ勝てません。相手はエリアの外からでもしっかり決めてくるのに対し、僕たちはGKと1対1のチャンスをつくっても決め切れないから勝てない試合が続いています。守備では危ない場面があったものの、身体を張って終盤まで無失点に抑えることができました。それだけに最後の失点がもったいなかった。まだ1勝しかできておらず、すごく苦しいのですが、ここから1勝でも多く手にするためにも練習からもっとこだわっていきたいです。

その他の試合結果

アビスパ福岡U-18 0-0(前半0-0、後半0-0)セレッソ大阪U-18
サンフレッチェ広島F.Cユース 3-0(前半2-0、後半1-0)東福岡高校
ガンバ大阪ユース 0-0(前半0-0、後半0-0)ヴィッセル神戸U-18
名古屋グランパスU-18 2-1(前半2-0、後半0-1)大津高校

9位のアビスパ福岡U-18(福岡)と8位のセレッソ大阪U-18(兵庫)による一戦は両者決め手を欠き、スコアレスドローとなりました。東福岡高校(福岡)をホームに迎えたサンフレッチェ広島F.Cユース(広島)はFW棚田颯選手(#9)の先制点を皮切りに3点を奪い、2連勝。首位のガンバ大阪ユース(大阪)とヴィッセル神戸U-18(兵庫)の関西対決は、最後まで均衡は崩れず勝点1を分け合う結果となりました。名古屋グランパスU-18(愛知)は、MF石田凌太郎選手(#9)とMF新玉瑛琉選手(#6)のゴールによって大津高校(熊本)を2-1で下し、第6節から続く負けなしを維持しています。

WEST 第14節 ダイジェスト

大会期間:2019年4月6日(土)~2019年12月8日(日)

EAST 第15節
2019年10月13日(土)
11:00 流通経済大学付属柏高校 vs 鹿島アントラーズユース(流通経済大学付属柏高校グラウンド)
11:00 市立船橋高校 vs 清水エスパルスユース(船橋市法典公園(グラスポ) 球技場)
11:00 青森山田高校 vs 尚志高校(青森山田高校グラウンド(人工芝))
13:00 ジュビロ磐田U-18 vs 柏レイソルU-18(竜洋スポーツ公園サッカー場)
14:00 浦和レッドダイヤモンズユース vs 大宮アルディージャU18(埼玉スタジアム2002 第2グラウンド)

WEST 第15節
2019年10月12日(土)
14:00 ガンバ大阪ユース vs サンフレッチェ広島F.Cユース(OFA万博フットボールセンターグラウンド)
18:00 ヴィッセル神戸U-18 vs セレッソ大阪U-18(いぶきの森球技場)
18:00 アビスパ福岡U-18 vs 名古屋グランパスU-18(福岡フットボールセンター 人工芝A)
2019年10月13日(日)
11:00 東福岡高校 vs 京都サンガF.C. U-18(東福岡高校グラウンド)
11:00 大津高校 vs 愛媛FC U-18(嘉島町総合運動公園 多目的競技場)

大会情報はこちら

アーカイブ

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • アイリスオーヤマ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

Twitter

  • 大会ハッシュタグ #premier18 Twitter(外部サイト)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー