JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 第33回デンソーカップチャレンジサッカー 堺大会 TOP > 最新ニュース一覧 > 全日本大学選抜が4年ぶり5度目の優勝!『第33回デンソーカップチャレンジサッカー 堺大会』

ニュース

全日本大学選抜が4年ぶり5度目の優勝!『第33回デンソーカップチャレンジサッカー 堺大会』

2019年03月04日

全日本大学選抜が4年ぶり5度目の優勝!『第33回デンソーカップチャレンジサッカー 堺大会』

『第33回デンソーカップチャレンジサッカー 堺大会』は大会最終日である3月3日(日)に、J-GREEN堺で決勝戦と順位決定戦を行いました。

決勝戦は、2年ぶりの決勝進出で4年ぶりの優勝を狙う全日本大学選抜と、昨年に続く決勝進出で連覇を狙う関東B・北信越選抜の対戦となりました。

両チームともに慎重な滑り出しとなった決勝戦でしたが、次第にボール扱いに長けた全日本大学選抜が主導権を握り始めます。全日本大学選抜は、累積警告のため出場停止となった高嶺朋樹選手の代わりにボランチの位置に入った旗手怜央選手が積極的に前線へとボールを配給。三笘薫選手、小柏剛選手らがゴールに迫りますが、得点に結びつけることができません。防戦一方となった関東B・北信越選抜も、鋭いカウンターで矢村健選手の抜け出しからチャンスを作るなど、緊迫した展開が続きました。

試合はスコアレスのまま後半に突入。すると全日本大学選抜は58分、児玉駿斗選手をピッチに投入。すると膠着状態にあった試合の流れが再び全日本へと傾き始めます。68分には児玉選手が前線へと浮き玉のパスを送り、これを受けた上田綺世選手が相手をかわしてシュート。ゴールネットに突き刺しました。

1点を追う立場となった関東B・北信越選抜は長身のアピアタウィア久選手などを次々と投入します。試合終盤にはアピアタウィア選手に加えセンターバックの星キョーワァン選手も前線に上げるパワープレーで同点を狙いますが、全日本大学選抜はGKの阿部航斗選手を中心とした守りでこれを阻止。上田選手の挙げた1点を守りきった全日本大学選抜が、4年ぶり5度目の優勝に輝きました。

また決勝戦に先立って行われた順位決定戦では、前回大会準優勝の関東選抜Aが九州選抜と3位・4位決定戦を行いました。試合は関東選抜Aが先制したものの、九州選抜が終了間際の劇的なゴールで逆転勝利。九州選抜が昨年に続き3位となり、関東選抜Aは4位になりました。

5位・6位決定戦では、関西選抜が東海選抜を大差で下し5位となりました。関西選抜は林大地選手がハットトリックを達成。東海選抜も1点を返したものの、関西選抜はアディショナルタイムにもゴールを決めるなど、4点を奪取して勝利。敗れた東海選抜は6位となりました。北海道・東北選抜と中国・四国選抜による7位・8位決定戦は、中国・四国選抜が後半、田中翔選手による2得点を挙げて勝利。中国・四国選抜が7位となり、北海道・東北選抜は8位に終わりました。

大会MVPには決勝戦で決勝点を挙げた全日本大学選抜の上田綺世選手(法政大学)が選ばれました。

監督・選手コメント

松本直也 監督(全日本大学選抜/桃山学院大学)
大会前は非常に厳しい組み合わせとなったことに頭を抱えましたが、結果的には関東選抜の2チームと関西選抜という非常に力のあるチームと対戦できたことで、選手たちの自信につながったと思います。今日の試合は、関東B・北信越選抜がロングボールでくると思っていたので最初は旗手選手を中盤に置いてセカンドボールを展開させ、後半、児玉選手を入れて勝負を懸けようと考えていました。流れ的にはその狙いどおりとなってよかったと思います。

上田綺世 選手(全日本大学選抜/法政大学)
決勝という場で簡単なゲームはないと思っていたので、その中で自分がどう決めるかだけを考えて試合に臨みました。児玉選手が入ってチームの流れが変わったのは感じていました。自分の視野も広く見られるようになりましたが、自分がやるべきことはひとつだけです。選抜チームは選手の入れ替わりも激しいので、いつもよりボールを呼び込むというか、ボールが欲しいポイントをわかりやすく動き伝えることを意識しました。ゴールシーンは、まさに児玉選手とお互いのことがピタリとわかった感じがしました。そういう意味では僕自身の変化とトライができた大会だったと思います。

児玉駿斗 選手(全日本大学選抜/東海学園大学)
“全日本”を背負って優勝できないのはおかしいと思っていたので、優勝できて本当によかったです。後半、膠着状態が続くようなら出すと言われていました。集中したプレーができてよかったです。決勝戦のアシストはイメージどおり。相手を1枚かわしてスルーパスを出せば、決めてくれると思っていました。

星キョーワァン 選手(関東B・北信越選抜/駒澤大学)
非常に悔しい思いです。相手にボールを持たれるのは想定内だったので焦らずにやっていたつもりですが、点を取れないまま失点してしまいました。キャプテンとしては、自分が何かをしたというより個々が自立していて特にすることはありませんでした。本当にいいチームだったので、勝たせられなかったことに悔いが残ります。

第33回デンソーカップチャレンジサッカー 堺大会

大会期間:2019年3月1日(金)~3月3日(日)
大会会場:J-GREEN堺

大会情報はこちら

全日本大学サッカー連盟公式Twitter(@jufa_soccer)、公式Facebook(@jufa.soccer)、公式Instagram(jufa_japan)でも大会情報を配信中です。

大会日程、試合結果などは全日本大学サッカー連盟公式サイトをご確認ください。

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー