JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > JFA Youth & Development Programme(JYD) > JYDパートナー企業:株式会社 明治

明治

明治 明治

活動紹介 活動紹介

日本サッカー協会は、指導者養成講習会や、各種トレセン活動などを中心に食事のとり方と栄養補給の重要性を伝えています。JYDオフィシャルサポーターである株式会社 明治とは、2016年度に全国56ヵ所で行われた指導者養成講習会で栄養セミナーを開催し、のべ1,200人を超える指導者に対して直接、食事の大切さと栄養摂取の具体的な方法について明治からの情報提供をもとに共有を行いました。

このセミナーでは、ただ情報や理想を提示するだけではなく、現代の食生活に寄り添った、取り入れやすい食事内容にアレンジし、多くの指導者の方々にご好評をいただきました。明治とは、今後も現場で培ったノウハウやデータを駆使した、より実践的なセミナーを実施予定です。

選手育成の男子U-13エリートプログラム、女子U-13・U-14エリートプログラム、女子U-15トレーニングキャンプ、女子GKキャンプの活動においては、明治独自の食事調査システムを活用した栄養指導を実施。選手の栄養摂取の状態を定量的に評価し、その評価をもとに明治の栄養担当が直接選手にフィードバックをします。参加している選手個々の食事状況を把握することで、「勝つためのカラダづくり」に向けてより実態に沿ったアドバイスを可能にしています。加えてJYD対象の国内競技会では、栄養補給に関する情報とアミノ酸やプロテイン等の商品を提供し、栄養面から日本サッカーの「普及」と「育成」をサポートしています。

インタビュー インタビュー
選手の「カラダづくり」において重要なことは何でしょうか?

選手自身の意識改革が大切だと考えています。食事の重要性を理解して頂き、自己管理への意識が高くなれば、環境に左右されずに、バランスのとれた食事をとることが可能となります。

だからこそ、育成年代から食事のとり方や内容、また栄養に対する正しい知識を持つことが大切だと、われわれは考えています。JYDでの活動を通して、次世代を担う選手たちに「食事の重要性」を伝えていきたいと思っております。

これまでのJYDで行ってきた活動で手応えは感じていますか?

食事のとり方や栄養補給は、スポーツのパフォーマンスを支える重要な要素です。JYDにおける活動として、指導者養成講習会で指導者の皆様や、JFAフットボールフューチャープログラムに参加した選手の保護者の方々へ栄養セミナーを行ってきました。また、指導者養成講習会で実施したセミナーをきっかけに、ユース世代を中心とした119のチームから、栄養セミナー開催の依頼をいただき実施しました。そこで「食事のとり方や、栄養補給に対する誤解や認識不足」が以前に比べて解消され、「カラダづくり」に対するサッカーファミリーの意識の高まりを感じています。

明治の栄養サポート活動を通じて関わった選手たちが、各カテゴリーで活躍する姿を見ることは、大変喜ばしいことです。彼らがゆくゆくは保護者になり、また、サッカーの指導者となってさらに次世代へと「食事の重要性」を伝えていくことが、日本サッカーの底上げへとつながっていくと信じています。

今後さらにどのようなことに取り組まれますか?
左から栄養営業本部スポーツ栄養マーケティング部普及G 樋山 達也 氏、関東支社 栄養営業一部 営業五課 岩切 佳子 氏

明治は、これまでJクラブのトップチームから育成年代のチームまで、長年にわたり、食事や栄養のサポートを行ってきました。今回からJFAと行っている「普及・育成」に特化した新たなプログラムであるJYDを通して、Jクラブ以外の指導者に対しても活動を広げることはもちろん、今後は育成年代の選手に向けた栄養指導にもさらに力をいれていきたいと思っております。

また、JYD対象競技会に出場されるチームへの商品提供やアンケートを実施させていただくことで、現場の声を直接取り入れ、より現場の実態・ニーズに沿った明治の栄養サポート活動の提供や、選手のパフォーマンスアップに貢献できる商品の開発を進めていきたいと考えております。

JYD Activities 関連ニュース

JYD Activities 最新ニュース

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー