JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 指導者 > 最新ニュース一覧 > 2019年度 ゴールキーパーA級コーチ養成講習会 [前期]を開催
NIKE
トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
指導者養成事業

ニュース

2019年度 ゴールキーパーA級コーチ養成講習会 [前期]を開催

NIKE
トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
指導者養成事業

2019年01月31日

2019年度 ゴールキーパーA級コーチ養成講習会 [前期]を開催

2019年度 ゴールキーパーA級コーチ養成講習会[前期]を1月15日(火)~20日(日)の6日間、茨城県鹿嶋市の鹿島ハイツスポーツプラザで開催し、全国各地から集ったゴールキーパー指導者24名が受講し、研修に励みました。

*ゴールキーパーA級コーチ養成講習会は、前期6日間、後期3日間の日程で、年に1コース開催しています。
(2019年度の募集は終了しています)

インストラクターコメント

川俣則幸 チーフインストラクター
シニアを指導対象とする本コースに、北は北海道、南は沖縄県から24名の受講者が参加し、4名のJFA GKインストラクターが担当しています。前期の指導実践では、流通経済大学の選手にサポートプレーヤーとして参加いただき、受講生と大学生の混成チームを指導対象に、守備と攻撃の状況で5つのテーマからファンクショントレーニングと、ゲーム形式での指導を行いました。GK専門講義として「GK指導理論」「ゲーム分析」「セットプレー分析」を行い、GKに関連する専門分野の講義、「GKのメディカル」をJFA医学委員会の加藤晴康先生、「GKの心理学」を北村勝朗先生に担当していただきました。また「GKのフィジカル」の講義と実技をJFAフィジカルフィットネスプロジェクト小粥智浩コーチに担当して頂きました。コース内では、活発なディスカッションで意見交換が行われました。受講者の皆さんには、間の学習で指導実践をやり込んで、更に指導力を磨かれて後期を迎えて頂ければと思います。

受講者コメント

藤澤紘平 さん(川崎市立高津高校/神奈川県FAトレセン)
今回は、ゴールキーパーA級コーチ養成講習会を受講する機会を与えてくださりありがとうございました。全国から参集した志を同じくする指導者仲間と、ゴールキーパーというポジションの役割や存在意義について語り合い、共に学びあった時間は、本当に貴重な経験となりました。指導実践に向けたトレーニングの計画や実践の中では、当然上手くいかないこともありましたが、インストラクターのアドバイスや、仲間との議論の中での気づきのおかげで成長することができました。ここで得た学びを日常の指導現場に活かし、選手の成長に寄り添っていきたいと思います。

吉岡慎輔 さん(水戸ホーリーホック)
今回、全国から熱意ある指導者の方々と経験豊富なインストラクターの方々と共に指導実践や講義を通じて、素晴らしい刺激と経験を得ることができ、指導者としてレベルアップするきっかけを頂き感謝致します。今回の講習会の中でGKコーチの視点からチームの全体像を理解し、そこからGKの特異性を考慮した専門トレーニングの構築という部分にトライしていきました。普段の指導現場でトライできない部分にも多くトライさせて頂き、指導の幅を広げることができたことも今回の講習会で得た大きな収穫でした。今回、学んだことを地域や所属クラブでのGK育成に活かしていきます。後期も指導者としてレベルアップするため、良い準備をして多くを学びたいと思います。

渡辺貴之 さん(長岡京市立長岡第四中学校/JFAトレセン京都山城U-15)
1月15日より6日間、鹿島ハイツにてGK-A級の指導者養成講習会に参加させていただき、全国から集まった熱いGKの指導者の皆さんと充実した時間を過ごすことができました。講義では、プレー分析のディスカッションが白熱し、時間が足りないぐらいでした。実技でも、インストラクターの方や、受講者の仲間の指導実践から多くのことを学ばせていただきました。私自身、自分の力不足を痛感した6日間だったので、今回の学びを日頃の指導にしっかりと活かしながら、後期に向けて研さんを積んでいきたいと思います。

関連情報
アーカイブ
指導者
NEWS メニュー
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー